2009年03月09日

概要



アニメ界への影響
本作は社会現象にまでなった1990年代を代表するアニメ作品であり、蓄積された邦画や日本の特撮、アニメーションの技法を濃縮した作風に加え、キャラクターの内的側面を表現するなど、斬新な演出が後続するアニメ作品に多大な影響を与えた(アニメ作品以外にもこの傾向はみられる)ことから、1970年代を代表する『宇宙戦艦ヤマト』、1980年代を代表する『機動戦士ガンダム』に続く第3次アニメ革命と言われた。従来のロボットアニメが玩具の売り上げのための販促としての性格を色濃く持っていたのに対し、アニメ作品の映像ソフト自体に販売、購入価値を見出せる作風であり、本作以後、「パッケージ性」と呼ばれるこの性格を強めテレビアニメの制作費を映像ソフト化で賄う仕組みができた。

コンテンツ業界では元々一つのメディアでしか表現されていなかった作品(原作)の商品広告を小説、漫画、アニメ、ゲーム、音楽CD、映画、キャラクターグッズ販売などの多数のメディアと組み合わせて商品展開させ各メディアの弱点を補う「メディアミックス」と呼ばれる手法が1980年代後半から盛んになっていた。本作品は同時期の『スレイヤーズ』シリーズ、『機動戦艦ナデシコ』と共にその潮流を確立させたものであり、特に「原作のないアニメ主体のメディアミックス」の嚆矢となった存在である。

この作品の成功はアニメブームに繋がり、放送後の1997年頃からは首都圏でテレビアニメが週約50本放送される空前のブームとなった。本番組の深夜帯再放送における高視聴率をきっかけにアニメの深夜放送(いわゆる深夜アニメ)が増加したことと合わせて現在のアニメ放送体系を決定付けたと言える。テレビアニメにおける製作委員会方式の初期試用作品であり、その傑出した成功例である本作は現在主流となっている同製作体制を増加させる一因となった。
ラベル:概要
posted by hiro at 15:54| Comment(5) | 新世紀エヴァンゲリオンとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月16日

出会い

わたしがエヴァンゲリオンに出会ったのは専門学生の時です。
友人にすすめられたのが切欠でした。

すごいアニメがある!深夜の再放送でしたが、衝撃でした!!主人公が血だらけ!?しかも、夕方6時くらいに放送していたのだから驚きです!
このアニメで哲学的思考のすばらしさに目覚めました。

友人宅の飲み会時、いつもエヴァンゲリオンをバックミュージック!?バック映像として飲んでた思い出の作品です。

2008年08月21日

新世紀エヴァンゲリオンとは

『新世紀エヴァンゲリオン』(しんせいきエヴァンゲリオン、Neon Genesis EVANGELION)
日本での放送で1995年10月4日から1996年3月27日まで全26話、
テレビ東京系列(TXN)で放送された監督「庵野秀明」さんの連続テレビアニメ作品です。

略称「エヴァンゲリオン」「エヴァ」「EVA」などがあります。


同時期、テレビ放送に先立つ1995年2月号より『月刊少年エース』(角川書店)誌上で「貞本義行」さんによる同名の漫画も連載されていていました(2008年現在、不定期連載中)。
この漫画はアニメの原作ではなく、アニメの企画・脚本を元に異なる視点から描いた作品と評判がひろがりました

◆出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「新世紀エヴァンゲリオン」参照
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3
posted by hiro at 13:43| Comment(0) | 新世紀エヴァンゲリオンとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。